MENU

天文学研究室

世田谷キャンパス6号館2階

津村の研究業績についてはこちら

教員 准教授 津村耕司 つむらこうじ
研究内容 宇宙望遠鏡を用いた赤外線観測天文学
社会との接点 宇宙機搭載の装置開発を通して、社会に役立つ最先端の装置開発にも貢献

せたがやeカレッジ  宇宙旅行体験を通して学ぶ最先端の宇宙の姿

           第1回 「太陽系の姿

           第2回 「銀河系の姿と宇宙の果て

研究室をさらに詳しく

研究内容

本研究室では、観測天文学の研究を進めています。主な研究対象としているのは「宇宙の明るさ」です。宇宙で光を放っているのは、星や銀河など形のはっきりとした天体だけではありません。一見何も天体がないように見える空も、うっすらと光っているのです。何もない空の明るさ(面輝度)を近赤外線で観測した場合、それには(1)太陽系からの赤外線(黄道光)、(2)銀河系(天の川銀河)からの赤外線、(3)遠方宇宙からの赤外線(背景放射)の3成分が混じり合っています。私は、このような赤外線での面輝度観測を通して、近くの宇宙(太陽系)から遠くの宇宙(銀河系外)までの性質(何がどのような物理過程で赤外線で光っているか等)を研究しています。  

赤外線面輝度観測にとって、その何倍も明るい地球大気は大敵です。その為、宇宙空間からの天文観測が必要です。そこで、NASAの観測ロケットプログラムCIBER-2を国際協力の下に進めています。さらに、JAXAによる木星トロヤ群小惑星探査機OKEANOSに搭載する小型望遠鏡EXZITの開発も進めており、将来的には「惑星間空間からの天文観測」を実現させたいと考えています。  このほか、小惑星探査機「はやぶさ2」、ガンマ線バースト観測衛星計画HiZ-GUDAM、次期赤外線宇宙望遠鏡計画SPICAなどの宇宙ミッションにも関わっています。また最近は、宇宙における生命探査や生命の起源についても興味を持っています。

社会との接点

天文学とは最も古い学問の一つであり、我々が住むこの宇宙はどのような世界なのか、どのようにこの宇宙の中で生命が誕生したのか、この宇宙には我々以外にも生命が存在するのか、などを探ることは、人類にとって最も根源的な問いを追い求めるという意味において、天文学は現代社会においても重要な学問です。

また、天文観測によって宇宙からの微弱な信号を捉える技術や、ロケットや人工衛星を用いた天文観測に関する技術は、直接的な実用面においても現代社会で大いに役立っています。

さらに、宇宙という舞台は、物理や化学、生命科学といったいわゆる理系科目のみならず、宇宙法、宇宙人類学、宇宙に関する文学や芸術など、いわゆる文系科目までも含んだ様々な分野とリンクした「総合科学」の場でもあります。宇宙をキーワードとして、身の回りの現象や社会について学ぶ「宇宙教育・アウトリーチ」という点においても、社会との結びつきは強いです。

主な卒業研究テーマ

  • 2019年度新設研究室
津村耕司 准教授
津村耕司 准教授
ロケット実験の様子
 ロケット実験の様子     
東京都市大学 知識工学部 自然科学科  158-8557 東京都世田谷区玉堤 1-28-1
Copyright © Department of Natural Science, Faculty of Knowledge Engineering, Tokyo City University. All rights reserved.